« 11周年!! | トップページ | 夏に向けて »

ピンクダイア豆知識

3296301640

 最近、ご婚約指輪の説明をさせて頂く機会が増えringshineサイドストーンとしてよく使われているピンクダイアについて聞かれる事が多いので、今日は久し振りに鑑定士らしくsign02豆知識をhappy01flair

 最近良く間違いやすいピンクダイアには、簡単に分けると3種類あります。

 1つ目は天然のピンクダイアで、これは採掘した段階ですでにピンク色で、自然についている色ですので、当社ではこれを「天然ピンクダイアモンド」と呼んでいます。

 2つ目はトリートメント処理(多くは放射線の照射による処理です)で他の色のダイアモンドを人工的にピンク色にしたもので、当社では「トリートメント」と呼んでいます。

 3つ目はコーティング処理(多くはダイアモンドの裏側にピンク色の膜を貼り付けます)で、これも他の色のダイアモンドを人工的にピンク色に見えるようにしたもので、当社では「コーティング」と呼んでいます。

 但し、私のポリシーで当社では1つ目の「天然ピンクダイアモンド」しか取り扱っていません。

 ここで良く間違うのが、3つとも「天然のダイアモンド」ではあるのですが、「色が天然とは限らない」ということですdanger

 たまに他店で接客を受けられたお客様が「天然のピンクダイアって聞いたんですけど。」とおっしゃられるので良く聞いてみると「天然のダイアモンドにトリートメント処理をしてピンク色にしてあるダイア」だったりしますcoldsweats01

 お店の方も悪気があって言っている訳ではないのですが、勘違いしやすい上に価格が全く違ってきますので(勿論、天然のピンクダイアが他の2つより遥かに高価ですmoneybagmoneybagmoneybag)ご注意下さいsweat02

 ではでは、もし何か宝石について聞いてみたいことがございましたら分る範囲でお答えさせて頂きますので、お気軽にご連絡下さいhappy01mailto

|

« 11周年!! | トップページ | 夏に向けて »

07 思うこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 11周年!! | トップページ | 夏に向けて »