10 誕生石

今月の誕生石

Dsc01029

今月の誕生石「アメシスト(紫水晶)」ですhappy01flair

この美しい紫色の宝石は、悪酔いを醒ましたり、不安や苦痛を軽減してくれるパワーストーンとしても有名で、身に着けている人に危険が迫ると、色が薄くなってその危険を教えてくれるという伝説もありますringshine

もし本当なら便利ですねgood

それに、古来から日本でも紫は高貴な色として珍重され、一番有名なのは聖徳太子の冠位十二階の最高位である大徳の冠の色が濃紫ですよねcrown

そんな神秘のパワーと高貴さを兼ね備えたアメシストを誕生石に持てるなんて、2月生まれの方はラッキーですねwinkheart04

| | コメント (0)

今月の誕生石

Dsc00989

今月の誕生石「ガーネット」には、いろんな色がありますart

一番有名なのは写真のアルマンダイトガーネットで、深みのある赤色をしていますが、この他にもルビーのように真っ赤なパイロープ、紫がかったロードライト、オレンジ色のマンダリン、深いグリーンの中にダイアモンドよりも強い虹色を放つアンドラダイトなど、本当に色とりどりですhappy01flair

また、パワーストーンとしては強い治癒能力があり、毒から身を守ったり、苦痛や憂鬱を軽減してくれるとされていますhospital

私も含め、1月生まれの方、お守りとしてガーネットを身に着けてみませんかwinksign02

因みに私は、深いグリーンのツァボライトを指輪に埋め込んでよく身に着けていますringshine

PS 写真のネックレスは、細かいカットを施したガーネットの周りにダイアモンドをセ       ットしたもので、21000円ですhappy01ご興味のある方は、是非お越し下さいhappy02up

| | コメント (0)

今月の誕生石

Tanzanite016

今月の誕生石にはトルコ石・ラピスラズリなどがありますが、私が個人的に好きなのはこの「タンザナイト」ですhappy01

この独特の紫がかったブルーがとても綺麗ですよねlovely

一般的にタンザナイトの名で知られていますが、学術的には「ブルーゾイサイト」と言いますeyeglassshine

では、なぜタンザナイトと呼ばれるようになったかと言うと、この宝石を気に入ってプロモーションを仕掛けようとしたティファニーが「ブルーゾイサイト」と言う呼び方は「スーサイド(自殺)」を連想させるということで、産地であるタンザニアと、そのタンザニアにあるキリマンジャロにかかる夕日の色がこの宝石に似ていたため、タンザナイトという名前を付けたという話ですfuji

キリマンジャロにかかる夕日の色をした宝石なんて、ロマンティックですねconfidentshine

| | コメント (0)

今月の誕生石

Imptpz506apr_2 Imptpz506apr

今月の誕生石には「トパーズ」と「シトリン」があるのですが、今日は元々の誕生石である「トパーズ」をご紹介しますringshine

トパーズには様々な色があり、一般的によく目にするのは美しい青色をしたブルートパーズではないでしょうかsign02

このブルートパーズも美しいのですが、画像は私がトパーズの中で最も好きな、そしてトパーズの中でも最も希少性が高く高価なインペリアルトパーズにしてみましたlovelyheart04

どうですかsign02オレンジとイエローの中間の、琥珀色に似た何とも言えない美しい色ではありませんかhappy01sign02

この色にシトリン(黄水晶)が似ていたので、昔は「シトリントパーズ」という間違った表現でシトリンが販売されていたそうですが、シトリンとトパーズは全く違う宝石なのでご注意下さいdanger

また、同じ理由でシトリンが後から11月の誕生石として認められたようですflair

インペリアルトパーズが高価なために、手に入りやすいシトリンも誕生石にすることで、11月の誕生石を広く普及させようという思いもあったのかもしれませんねsmile

トパーズには色のバリエーションが多く、シトリンは美しいものが手頃な価格で手に入るので、11月生まれの方は贅沢ですねhappy02notes

| | コメント (2)

今月の誕生石

Odk1463f

今月の誕生石は、写真のようなオパールと、もう一つトルマリンがありますが、今日はオパールのお話をhappy01

オパールと言えば皆さんご存知のように、七色の光を放つ(専門的にはプレイ・オブ・カラー、遊色効果と呼びます)美しい宝石で、角度によって数々の色を織り成す神秘性から「魔法の石」とも呼ばれていますringshine

そのため、オパールが輝いている時には幸せを、曇っている時には不吉を暗示する予言の力があるそうですが・・・・・・・・綺麗な宝石は見ているだけでも幸せになれるので、どちらかと言うと幸せの力をもたらしてくれる宝石ですねhappy01flair

ところで、オパールの産地として有名なのはブラック・ホワイト・ボルダーなどが採れるオーストラリアですが、最近では透明感のあるウォーターオパール

Dsc00785

が採れるメキシコや、遊色効果の無いピンクやブルーオパール

2006925

が採れるペルーなども人気ですよwinkshine

そのお陰で、ブラックやホワイトが苦手な若い方にも好評ですheart02

お店にも綺麗なウォーターオパールがありますので、是非覗いて見て下さいねhappy02up

| | コメント (0)

誕生石その2

Photo

1日のブログでは、ついつい私の趣味に走ってマニアックな内包物の話をしてしまいましたがcoldsweats01今日は、女性の方々からリクエストが多い「パワーストーン」「ヒーリングジュエリー」としてのサファイアのお話を少しhappy01flair

サファイアは「誠実・慈愛・徳望」の宝石と言われ、その語源はギリシャ語やラテン語の「青」を意味するsapphirusだそうですが、もっと古い起源はサンスクリット語で「サターン(土星)の石」を意味するsauriatonaだそうですfullmoon

ですから、土星を守護星に持つ山羊座の方たちにとってはお守りになります(ちなみに、私も山羊座ですhappy02up)特に、黒いスターサファイアは地の波動を持っているので良いそうですよwinkheart04

また、サファイアは山羊座だけでは無く天秤座・乙女座・双子座にも強い守護力があり、嫉妬されることなく神の知恵を得られeyeglass純粋な洞察力や深い直感力を与えてくれますconfidentshine

どうでしょうsign02少しサファイアに興味が湧きましたかhappy01sign02

| | コメント (0)

9月の誕生石

Colorzorning

今月の誕生石「サファイア」ですhappy01flair

サファイアと言えばブルーサファイアを思い浮かべる方が多いと思いますが、このブルーサファイアには御覧のようにブルーと透明の色の層「色帯」がよくありますart

この色帯も、以前述べた「加熱処理」をされてしまうと色の境目がぼやけて滲んだようになってしまうのですが、写真のサファイアは「非加熱」の全く処理を施していないサファイアのため、非常に綺麗な色帯がそのまま残っていますlovely

何だか、美しい織物のように見えませんかhappy01sign02

| | コメント (0)

タンザニア産ルビー

Dsc00532

ルビーの産地として有名なのは、ミャンマー・スリランカ・タイなどの東南アジア諸国だったのですが、最近注目を集めているのはアフリカのタンザニア産ルビーです。

今までもアフリカでルビーは採掘されていたのですが、あまり美しいルビーではありませんでした。

ところが、今回話題のタンザニアWinza鉱山産のルビーは、写真のようにとても美しいのですlovelyshine

しかも、注目を集めている最大の理由はその美しさだけではなく、それが無処理で美しいということなんですwobblysweat01

以前にも少しお話したことがありますが、世界中で販売されているルビーの95%程が加熱処理によってその美しさを改善されており、全くの無処理で美しいルビーというのはほとんど目にする事が出来ませんweep

ところが、今回のタンザニアWinza産ルビーは無処理で美しいんです。更に言うと、10ctを超えるようなラージストーンまで産出しているのですhappy02up

これはもう、奇跡に近いですねshineshineshine

そして、そのWinza産ルビーの特徴的な内包物がこの

Dsc00533

湾曲した針状インクルージョンなんですhappy01

他の産地のものは真っ直ぐなので、産地を特定する時に非常に参考となる内包物ですねeyeshine

来月には国際的なジュエリーの仕入れ会である「香港ジュエリショー」へ行く予定なので、その時にはこのWinza産ルビーに出会えるんじゃないかなsign02と期待していますheart02

もし出会えたら、その時はまたご報告しますねwinkheart04

| | コメント (0)

今月の誕生石

2671

これは、今月の誕生石「ペリドット」の中に見られる特徴的な内包物で、「ウォーターリリーリーフインクルージョン」と言いますbud

中心にある小さな気泡のように見えるのは、ネガティブクリスタルや小さな結晶なのですが、この周りに広がった丸い割れ目が蓮の花のように見えるため、この名前が付きました。

「宝石の中に咲く花」・・・・・ちょっとロマンチックじゃないですかhappy01sign02

それも

2666

こんなに沢山咲いていることがあるんですよtuliptuliptulip本当に蓮が咲き乱れる湖のようでしょうconfidentshine

・・・・・・と、ついついマニアックな話になってしまいましたがcoldsweats01このペリドット、一般的には「夫婦愛・和合」の宝石として知られ、また、古代エジプトでは「太陽の宝石」として珍重されましたcrown

そして、暗闇の中でも輝くこのペリドットは太陽の光を宿しているという伝説から、「魔除け」として身に着けられていたそうですringshine

太陽の宝石を誕生石に持つ8月生まれの方は本当にラッキーですねhappy02up

| | コメント (0)

海の日

Pic3

今日は「海の日」ということで、海にまつわるお話をwave

皆さんは「美しい海の色」というと、どんな色を思いつきますかartsign02

真っ青、群青、紺碧ets・・・・いろいろな表現がありますが、中でも一番多いのは「エメラルドグリーン」ではないでしょうかsign02

このエメラルドグリーンの名は、勿論5月の誕生石である美しいグリーンの宝石「エメラルド」に由来しています。そして、鉱山で採れるエメラルドと海は色以外には共通点が無さそうですが、実はとても関係があるんですsmileflair

画像は、一番多く流通している「コロンビア産」のエメラルドの中にある内包物(中心に写っている細長い目のような物)を拡大撮影しているもので、コロンビア産の特徴となる「三相インクルージョン」と言います。

「三相」とは「固体」「液体」「気体」の3つの相で、インクルージョンとは内包物のことを示すのですが、分かりやすく画像にすると

Inc

こうなります。

これは、ギザギザの割れ目の中に閉じ込められた液体が長い年月をかけて蒸発したために、まず丸い気体が、そして更に蒸発が進んで液体の中の成分が固まった四角い固体が出来た結果なのですが、問題はこの固体の正体ですshadow

この固体、実は「塩」の結晶なんですflair

そうすると、液体は塩を含んでいたことになります・・・・・塩を含んだ液体と言えば・・・・・そう、海水ですhappy01wave

実は、現在エメラルドが採れるコロンビアの鉱山は、昔は海の底だったんですwobblysweat01

もしかしたら、コロンビアの海は本当にエメラルドで彩色された「エメラルドグリーンの海」だったのかもしれませんねwinkwaveshine

| | コメント (2)

より以前の記事一覧